オナニー関連

気持ちいい寸止めオナニーのコツ!やり過ぎは危険って本当?

更新日:

寸止めオナニー

オナニーは言葉に言い表せない程気持ちがいいものですが、射精をしてしまった後のあの虚無感は最悪ですよね。時間を無駄にしてしまった感が強いですし、何とも言えない気持ちになってしまいます。

出来ればずーっとオナニーしていたいですよね?1日中朝から晩まで何にも考えずにひたすらペニスをしごく。夢のような生活です。

実はそんなずーっとオナニーをしていたい欲を叶えてくれるオナニーの方法があります。それが今回の記事で紹介する「寸止めオナニー」です。寸止めオナニーとは一体何なのか、まだ知らない男性の方も多いかと思いますので、是非このページから学んで頂ければと思います!

管理人1
戻るなら今ですよ?この快楽を知ったら後には引き返せませんよ?いいですね?

寸止めオナニーとは一体何なのか?

まず寸止めオナニーとは一体何なのか、皆さまにお教えいたしましょう。・・と言いつつも、何となく名前で想像が付きますよね。

オナニーをすると段々とペニスがムズムズしてきて、射精欲が高まり射精をするのが一般的です。寸止めオナニーとはこの射精を我慢し続けて、長時間に渡りオナニーをする事を言います。

男性は女性とは違い、一度オーガズムを迎えてしまうと一気に冷めてしまうものです。賢者モードって奴ですよね。特に、予定も何もなく暇つぶしで抜いてしまった時なんか最悪です。出来る限り興奮を長く続けて気持ちよさに耽る...これが寸止めオナニーの醍醐味であると言えます。

管理人1
結局寸止めオナニーで耐久レースしても、抜いちゃえば賢者モードは来ちゃいますけどね。(笑)

寸止めオナニーの正しいやり方やコツ

寸止めオナニーは、

step
1
まずがむしゃらにオナニーをする

step
2
イキそうになったらペニスの根元をギュッと握る

step
3
しばらくしたら射精欲が治まるので再びオナニーをする

というのが基本的な流れとなります。コツとしましては精液が出る直前を見極める事。ある一定ラインを超えてしまうと、我慢をしても身体が言う事を聞かずに射精してしまう可能性もあります。

私的には出そうな80%あたりになったら一旦手を止めて様子見をし、まだいけるなと思ったら90%ぐらいまで高めていきます。そしてペニスの根元を握ってリセットをして行くと成功率は高いような気がしますね。

限界点を超えてしまうと、勢いよくビューーーーと言った感じに精液が出てきてしまいます。そうなってしまったらゲームオーバー、失格となります。

寸止めオナニーをする事で得られるメリットは?

続いて寸止めオナニーをするとどのようなメリットがあるのか、見て行きましょう。

1.興奮状態を常に維持出来る

寸止めオナニーをする事で得られるメリット1つ目がこれ、射精を我慢し続ける事で常に興奮状態を維持する事が出来ます。

男性のオナニーで1番快感が走るのは射精をする直前。もっと詳しく言えば、精液が尿道を通ってペニスから出る瞬間ですね。寸止めオナニーをすれば、精液が尿道を通りつつも出すのをグッと堪える訳ですので、常に性的興奮を高めた状態を維持する事が出来てしまいます。

ポイント

あの気持ちよさを抜くまで得られるのは大きいです!

もはや麻薬みたいなもんですよね。私自身も寸止めオナニーは月に何回かはチャレンジしてみるのですが、毎回ドーパミンがドバドバ溢れてくる感じがしてとても気持ちが良いです。

特に何日も溜めた時の寸止めオナニーは格別です。癖になってしまう人も続出です!(笑)

管理人1
現実を忘れられるのでストレス発散にも良いです!

2.早漏対策にもなり自信が身に付く!

早漏って言葉はご存知ですか?別のページでも詳しく解説をしますが、簡単に言えば勃起をしてから精液を出すまでの時間が短い状態の事を早漏って言うんです。

早漏はかなり厄介で、女性とセックスをした際に相手を満足させる前に自分1人だけ射精コントロールが出来ずにイってしまうため、パートナーである女性を欲求不満にさせてしまう原因にもなってしまうんです。これが原因で浮気なんてされたらもう涙で湖が出来てしまいますよ...。

注意ポイント

実際セックスレスにで別れてしまうカップルも多いんです。自分のペニスには自信を持っておきたいものです!

そんな早漏対策に良いのが何を隠そう寸止めオナニーです!射精をする瞬間にグッとペニスに力を込めて我慢をするため、早漏対策の良い練習になってくれます。

最初こそ耐え切れずにいつも通りイってしまうかもしれませんが、寸止めオナニーを繰り返し行って行けば段々ペニスも慣れてくるはずです。目標を立ててゆっくり段階的に練習して行くのも良いかと思います。

例えば、今日はいつもより5分長く我慢できたから、次は10分頑張ってみよう!といった感じです。早漏は男性としての自信を失ってしまう原因になり兼ねません。自信を完全に失ってしまう前に、寸止めオナニーを頑張って行きましょう!

関連:早漏

寸止めオナニーには危険性もあります

これだけ見ると、寸止めオナニーはとても快感が得られるだけでなく、早漏対策にもなるからめっちゃいいじゃん!これから毎日寸止めオナニーをしよう!と考える方も多いかと思います。

ですが、この気持ちの良い寸止めオナニーもいくつかの危険性があり、どれも見過ごせるものではありません。ここからはリスクについてもご紹介をして行きます。

1.逆行性射精が起こる場合も

聞き慣れない言葉ですが、寸止めオナニーを繰り返し行う事で「逆行性射精」が起きてしまう場合があります。逆行性射精とは、読んで字のごとく精液をペニスの先から出す事が出来ず、ペニスとは反対側の膀胱の方向へと流れ込んでしまう現象をいいます。

健康的には特に被害を及ぼすような症状ではありませんが、通常であれば放出される分の精液が膀胱へと流れ込んでしまうので、女性とセックスをした時に十分な量の精子が届かずに男性側の不妊症の原因になる場合もあるので、これからパートナーと妊娠を希望している方は注意が必要です。

膀胱の働きは溜まった尿を身体の外へと押し出す事。逆流してきた精液を迎え入れるような寛容さは備えていませんので、何度も逆行性射精が起こると膀胱に負担をかけてしまう事にも繋がりかねません。

参考:逆行性射精

2.遅漏になりなかなかイケない場合も

寸止めオナニーのコンセプトは、「イキそうな状態を無理やり我慢してさらに性的な興奮を得る事」となります。

早漏の人がすぐイってしまうのを防ぐ練習としてはもってこいですが、普通の人が何度も何度も寸止めオナニーを繰り返していると、ペニスが刺激に慣れてしまってイキたくてもイケないいわゆる「遅漏」になってしまう恐れもあります。

寸止めオナニーで射精を堪える癖が身体に染みついてしまっているので、当然と言えば当然なんですけどね。頭では射精をしたいと思っていても、身体が言う事を聞かない的なアレです。

遅漏は嫌いな女性も結構多いみたいですので、今現在恋人がいる男性は気を付けた方が良いかもしれません。

3.勃起力が維持出来なくなる場合も

勃起を維持させるのは簡単そうに見えて結構難しいものです。一応勃起持続時間のギネス記録は9時間ほどだとされていますが、普通の人は時間的にも体力的にもそこまで勃起をさせ続けるのは不可能に近いです。

恐らく寸止めオナニーを何度も繰り返していると、最初の勢いはどこへやら、途中で次第に勃起力が低下してくると思います。いわゆるふにゃちん状態ですね。

ふにゃちんのままオナニーをし続けると、身体もふにゃふにゃのペニスのままでイク事に慣れてしまいますので、肝心な時に勃たない勃起障害になる可能性もあります。

若いうちは元気で溢れているためあまり気にする必要がないかもしれませんが、20歳を超えた方は要注意。寸止めオナニーがきっかけで勃起障害(ED)になってしまってはあまりにもったいないですので、ほどほどにしておきましょうね。

4.テクノブレイク(心停止)を起こす場合も

オナニーをしていると、性的な興奮とは別にドキドキしてくる経験をされた方も多いと思います。息が乱れて苦しい・・までは行かなくとも、脈拍が速くなったり身体が熱くなってくる事ってありますよね。

オナニーをすると勃起を維持するためにより多くの血液をペニスに送ろうとする働きが起こります。つまりは、心臓をフル活用させて全身の血液をグルグル回しているんです。その結果、脈拍が速くなると言った現象が身体に起こり始めるんですね。

ただでさえオナニーは心臓や血管に負担をかける行為なのに、それを限界まで堪えて何度もオナニーに励む。これでは心臓も大ダメージを受けてしまいます。そして起こってしまうのが心停止、俗に言うテクノブレイクって奴です。

日本だと年間200~300人ほどが、このテクノブレイクで命を落としているとされています。さすがにニュースで○○さんがテクノブイレクで死亡しました、とは報道はされませんが、正直死因がテクノブレイクだなんて家族からしてみれば恥ずかしすぎますよね・・・。

ペニスだけでなく、生きるためにも寸止めオナニーはあんまりやらない方が良いのかもしれません。

寸止めオナニーのまとめ

いかがだったでしょうか。寸止めオナニーは何度もオーガズムに近い状態を迎えられるので快感度はめちゃくちゃ高いですが、その反面ペニスの健康を損ねてしまうリスクもあります。

何度もやり過ぎると金玉も痛くなってきてしまい、日常生活にも影響を及ぼしてしまいます。おすすめなのは週に3回程度に留めておく事。最低限この程度に留めておき、ペニスに痛みが出る、精液の出が悪くなったと言った症状が現れてしまったようであれば、寸止めオナニーは中止にしておいて下さいね。

管理人1
リスクを知ったうえで寸止めオナニーを楽しみましょう!さて、今から私も2時間耐久レースにチャレンジしてきます。

-オナニー関連

Copyright© ブラファイ|男性特有の悩み解決サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.