ED関連

ふにゃちん(ED)を改善するなら!彼氏のちんこが柔らかいと感じられないように!

投稿日:6月 19, 2019 更新日:

ふにゃちん

ふにゃちんって言葉聞いた事あるよな。「あいつふにゃちん野郎で勃っても使い物にならないな」だとか「うちの彼氏超ふにゃちんなんですけどー☆」とか!

これだけ見るとあんまり良い意味の言葉ではないよな、ふにゃちんって。でも、実際のところどうなんだろう?良い意味で使われてる事なんてあるのだろうか。今回はふにゃちんについて、全力で考察して行こうと思う。

多分、日本で1番ふにゃちんについて頭を働かせながら記事を更新して行く事になると思うが、宜しければお付き合い頂ければこちらも嬉しい。(笑)

よく言われている「ふにゃちん」とは何ぞや?

ふにゃちん=ふにゃふにゃしたちんこと言う意味にになります。基本的に勃起をしていない普通のペニスはふにゃふにゃしているから、この言葉が使われる時は大抵勃起した状態であるにも関わらず、ふにゃふにゃしている時などに使われています。

・・・あまり良い意味で使われる事はないな。どちらかと言えば、ペニスをギンギンに出来ない情けない男とレッテルを貼られる屈辱的な意味で使われる場合がほとんどだろう。ふにゃちんの他、専門用語ではED(Erectile Dysfunction=勃起不全)などと呼ばれていたりもする。こっちの方が有名かね。

男同士でふざけ合って言われるならまだしも、付き合っている彼女にふにゃちんと言われてしまった場合、かなりバカにされていると思った方が良いだろう。セックス中のふにゃちん=女性側も楽しめていない事に繋がってしまうから、女性側の性欲を発散する事が出来ずに、よりギンギンなペニスを求めて浮気に走られてしまう場合もある。

ふにゃちんになる原因を知って対策を立てよう!

このようにふにゃちんになると何1つ良い事はない。彼女を満足させられないのはもちろんのこと、自分自身も男としての自信を消失してしまう原因にもなってしまうんだ。まずは、ふにゃちんになってしまう原因を知って、予防・改善に努めていこう!

1.ストレスを感じている

ふにゃちんになってしまう原因の1つにストレスがある。最近何かストレスが溜まってしまうような経験はないだろうか?例えば、仕事で上手く行かずに上司に怒られてしまった、毎日の満員電車が憂鬱で仕方がない、応援しているスポーツチームが負け続けているなど。

自分では特に気にもしていないような事でも、積もってしまえばそれはストレスとして身体の至る所に影響が出てきてしまう。そのうちの1つがペニスと言う訳だな。

食生活や睡眠の質などもふにゃちんになってしまう要素だが、それ以上に見逃せないのがストレスです。もし当てはまる出来事があればそれを解決するように心がけ、ストレス発散としてスポーツに取り組んでみるのも良いかと思うぞ!

また、彼女とのセックス時に強い緊張を覚えてしまい、ふにゃちんになってしまうケースもあります。「自分のテクニックで彼女を満足させられるだろうか」「彼女は自分のペニスについてどう思っているんだろう」など、無駄な事は一切考えずに、純粋に彼女といちゃいちゃを楽しむようにするのも、セックス中でのふにゃちん予防に効果的だ。

2.食生活がグダグダ!

毎日何を食べているかで、ふにゃちんになってしまうかそうでないかが決まってくると言っても過言ではない。私たちの全身には血液が流れているのだが、ペニスを勃起させてギンギンにさせるのも何を隠そう血液の働きによるもの。

そしてその血液を作り出してくれるのが、日々私たちが口にしているもの。良質な食べ物を口にしていればこの問題は気にする必要はないのだが、毎日のように食事をコンビニで済ませていたり、脂っこい外食が多い方は注意が必要になるぞ。

動物性脂肪が多めの食事を続けていると血液はドロドロ。勃つものも勃たなくなってしまうんだ。ふにゃちんに影響を及ぼすのはもちろんだが、高血圧や糖尿病など危険な状態にもなりやすくなってしまうから、食生活を見直していかないといけないな。

3.運動不足で血液の流れが遅い

2.の食生活のところでも触れましたが、血液の流れがドロドロだとちんこに流れる血液量も少なくなり、ふにゃちんの原因になってしまうと書いた。血液がドロドロになってしまう原因は他にもあり、それが運動不足。

運動をして筋肉を動かせば血液の流れも早くなるし、心拍数が上がって心臓からポンプのようにドクッドクッと血液が送り出されるようになる。これによって、ふにゃちんが改善される場合も多いんだ。

体育会系の男性がふにゃちんってイメージはあまりないよな。むしろギンギンって方が多いのではないでしょうか。

運動をすると肥満も解消されてお腹周りの脂肪も落ちて行く。脂肪が落ちれば相対的に自分のペニスも大きく見えるようになるから、これまであまり運動をして来なかった方はこの機会に身体を動かす機会を設けてみてはいかがだろうか!

ちんこでかく見せる
ペニスをでかく見せる方法が意外!?誰でも簡単に出来る方法を特別大公開!

ペニスのサイズはそう簡単に伸びるものではありません。私も今より数cm長かったらなーと何度妄想したことか。(笑) 実際、自分のペニスを見下ろした時や鏡に映った姿を見た時、小さいと感じてしまうとどうしても ...

続きを見る

4.タバコを吸う習慣がある

実はタバコにもふにゃちんにさせてしまう原因があるんだ。タバコの成分として有名なものにニコチンやタールがあるんだが、どちらも依存性が強い成分として知られているね。

このうちニコチンには血管を収縮させてしまう効果があり、これは勃起させるために必要な血液を阻害してしまう事に繋がる。血管が細くなればなるほど、ペニスに流れる血液量も少なくなってしまうからね。

そして、タールはどうなのかと言うと、こちらは一酸化炭素を多く含む成分だから、血液の流れを悪くさせてしまう=ふにゃちんの原因となってしまうんだ。一酸化炭素は酸素が欠乏した状態にさせてしまうだけでなく、ヘモグロビン結合で酸素のおよそ210倍もの結合力を持っている恐ろしい奴だ。

また、タールはまるで中華レストランの厨房のように油でベトベトしているから、タバコを吸い続けてしまうと喉や肺にくっついてガンを誘発しやすくなるのが厄介。まさにタバコは百害あって一利なし、ヘビースモーカーの方は止めるまでに相当な時間を要してしまうが、禁煙して行く方向に持っていきたいところだ。

ふにゃちんを治すのであれば健康的な生活を!

そんなふにゃちんを改善するのであれば、まずは健康的な生活を心がけていくところから始めて行くと良いだろう。先ほどのふにゃちんの原因のところを見て頂ければ分かるのだが、不健康な生活が直接的な原因となる場合が多い。

学生の頃は毎日鬼のようにギンギンになっていた方でも、社会人になって勃ちが悪くなってしまうケースも少なくない。これは大人になり、ストレスが溜まる環境での生活や無理な食生活が積み重なった結果、無意識のうちにふにゃちんになってしまう原因を作り出していたからなんだ。

いきなり生活そのものを改善して行くのは難しいが、まず1番変えていきやすいのは食生活からだと思う。これまで脂っこいものばかり食べていたようであれば、野菜中心のヘルシーな食事に変えてみるだけで結構変わるはずだ。

食事で身体の中から変わって行けば、精神的な面も次第に変わっていく。身体を動かしてみようかな、タバコもちょっと辞めてみるか!とポジティブな思考に変化してくる。ふにゃちん改善には日々の生活を変えるのが最も確実な近道だから、明日から徐々に食事内容を変えてみてはいかがだろう!

増大サプリを使ってみるのもアリ!

このように食事をヘルシーな物に変えてみたり、運動をして筋肉を動かす習慣を付けるだけでもふにゃちんは治って行く事が多い。しかし、年齢によるものはもはやどうしようも無いし、どうしても食事は変えずにふにゃちんを改善したいという方も多いかと思うんだ。

そんな時は、増大サプリのようなサプリメントに頼ってみるのも俺は良いかと思うぞ。シトルリンやアルギニンのような血管拡張作用がある成分が含まれているものであれば、飲むだけでもギンギンになれる可能性は十分見込める。

増大サプリは一般的なビタミンのようなサプリメントと比べて値段が張ってしまうのが残念ポイントだが、実際増大サプリを飲み始めてからふにゃちんの悩みが消えた!なんて方も多いのを知っていただろうか!お金に余裕がある方は、こういったサプリメントでふにゃちんと向き合っていくのも1つの改善方法となるだろう。

ふにゃちんを改善して快適な性生活を楽しもう!

タバコ同様に、ふにゃちんは百害あって一利なし。セックスでは使い物になならないし、射精に伴う快感も低いし、何より男としての自信を失ってしまう。

どうしても治したいとお考えであれば、まずは日常でふにゃちんになってしまうような生活をしていないかをチェックし、何か当てはまれば改善するように努力して行く。それでも効果が無かったら増大サプリに頼ってみるのが最も確実かと思う。

-ED関連

Copyright© ブラファイ|男性特有の悩み解決サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.