1974年6月9日アメリカ生まれの日系2世。
高校卒業後、ジョージ・ワシントン大学で政治学を専攻。映画への愛に目覚め、卒業後すぐにハリウッドへと移る。昼は脚本を書き、夜はナイトクラブDJという日々の後、『THE JUON/呪怨』(04)の共同プロデューサーを務め、清水崇監督に日本人監督初の全米オープニング興収1位の栄誉を与えた。その他に『クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル』(11/脚本)、『リンガー 〜2つの顔〜』(11-12/製作・脚本)、ケヴィン・ベーコン主演『ザ・フォロイング』(13-15/製作・脚本)、フォレスト・ウィテカー主演『エンジェルの狂気』(13/脚本)など。本作で念願の監督デビューを果たす。
私はスマートに描かれたキャラクターが登場するサスペンスが大好きだ。自分を許せないほどにひどい過ちを犯した人間を見ることほど、説得力のあるものはない。捕まるかもしれないという予感、みぞおちの辺りがムカムカするような罪悪感。「普通の人間が自分の愛する人々を守るためにどこまでやるか」といったテーマが観客を魅了するのには理由がある。それは正直さだ。
このサスペンス映画が総体的に目指すのは、悲しげで息苦しくも、鮮やかな色が弾ける一面のある作品だ。照明のデザインは自然に近いものでコントラストが強く、「本物っぽい」ものであるべきだ。良い撮影監督は照明を使って、見せ場や「芸術的」な盛り上がる瞬間を探していくことができる。この演出により、ベンは物語が進むにつれて、どんどん罠にかかっていくように見えるはずだ。全てのシーンが息苦しくなっていく。映画『逃亡者』(93)でハリソン・フォードが、尋問中に妻を殺したのは自分だと警察が考えていると気づき始めたシーンを覚えているだろうか?本作の息苦しさはあれのようなものだが、もっと極端にしている。
街中では、切迫感のあるリアルなカメラワークを使い、ベンが苦境に立ち向かう努力を映し出す。建物内では、ベンを分析しているような雰囲気でスムースなカメラワークになり、写実的な描写になる。デヴィット・フィンチャー作品を思い出してほしい。ワイドなショットから、混乱と恐怖を狙った不快なクローズ・アップに取って代わるのだ。これらは全て、ベンの世界を縮ませて壁を作ることでベンが追い込まれ、その上で、ベンがどのように解決に向けて戦うかが見どころになるようにするためである。
ブライアン・デ・パルマの作品については意見が分かれるが、私は彼の映画の裏にある意図が好きだ。デ・パルマはいつも奇妙な設定で物語を作る。セクシュアリティとホラー、アートを大胆かつ新しい方法で混ぜるのだ。みんな疑心暗鬼になり、全てが予測不可能。物語を進めるのはセックスだ。一見、昔ながらのストーリー展開に見えるが、いつも新しく感じるのだ。この世界では美と恐怖が共存している。